本文へスキップ

高等学校教諭

教師になりたい

教員採用試験対策講座HEADLINE

高等学校教諭


■資格内容

担任になると進路指導も 
高等学校教諭は、自分のもっている免許状の教科指導を担当するほか、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、テストの作成や採点、学校運営についての職員会議など事務的な仕事も多い。小学校や中学校に比べると授業時間は少なく、専門研究に打ち込みやすい。


■試験内容

免許取得後に採用試験 
高等学校の教員になるには、まず免許状を取得しなければならない。高校の場合は1種免許と専修免許の2種類がある。1種免許を取るには、4年制大学で取得したい免許の教科に応じて、所定の教科及び教職に関する科目の単位を修得し、大学を卒業すれば取得できる。

また、専修免許は、1種免許を取得した後に、取得したい免許教科に応じて大学院で所定の単位を取得して、大学院を修了すれば取得できる。
 
免許教科には、高校のカリキュラムに対応して、国語、地理・歴史、公民、数学、物理、化学、生物、音楽、美術、保健体育、外国語、農業、工業、商業などがある。入学する大学や学部によって、取れる免許教科が制限されるので、志望する教科に応じて大学や学部・学科を選択することが必要だ。

大学で教員免許を取得しようとすれば、卒業に必要な単位に加えて教職に必要な単位を取得しなければならないので、授業の数が多くなる。教育実習なども安易にできるものではない。それなりの意志が必要だ。

採用試験には1次と2次がある!
公立高校の場合、実際に教師になるには免許を取得(見込みも可)した後、各都道府県や政令指定都市ごとに行われる教員採用試験に合格する必要がある。毎年7月に1次試験が実施され、翌月以降に2次試験が行われる。合格すると採用予定者リストに掲載され、地域の欠員状況などに応じて採用が内定される段取りになっている。
 
なお、受験資格として年齢制限を設けている県が大半だが、全体的には上限の年齢を引き上げる傾向にある。
採用情報採用試験の競争率は約8.1倍 平成22年度の公立高校の教員採用選考の受験者は、前年度を4.1%上回る34,748名。一方採用者は20.1%増の4,287名だったので、競争率は前年度1.3ポイント減の8.1倍。
 
採用者の学歴は、教員養成系大学・学部12.2%、一般大学63.2%、大学院24.0%と高校教諭は大学院卒が多い(小学6.2%、中学11.4%など)。また、既卒者の採用は79.2%。小学(61.6%)・中学(70.9%)の割合より高い。


■詳細情報
受験資格:  志願する教科について高等学校教諭免許の1種か専修を取得していること。年齢制限は都道府県によって異なり、また校種(工業・農業・水産など)によっても若干異なるが、36歳未満、41歳未満、51歳未満という制限設定が多い。なお、地方公務員法第16条及び学校教育法第9条の欠格条項に該当する人(禁治産者、準禁治産者など)は受験できない
試験科目:  都道府県により異なるが、1次と2次があるのが一般的。筆記試験は、一般教養のほか、実際に生徒に教える科目についての教科科目と、教職に必要な知識を試す教職教養がある。また、英語、音楽、美術、保健体育など実技指導に重点がおかれる科目については何らかの実技試験も行われる。ほかに論文試験、面接試験(個人面接と集団面接)、適性検査などがあり、人間性を重視する傾向が強い
試験日: 第1次=7月、第2次=8〜9月
試験地: 各都道府県の県庁所在地
申込期間: 5月中旬
受験者数: 34,748人(平成22年度)
競争率: 8.1倍(平成22年度)


■問い合わせ先
各都道府県教育庁、教育委員会または文部科学省初等中等教育局


地方公務員 試験対策通信講座

ヒューマンアカデミー通信講座
平成24年度試験対応。公務員の勉強にアレもコレもは禁物。合格のカギは「効率」です!
公務員(地方上級・国家一般職)総合コースB
 Z会 キャリアアップコース
Z会と河合塾がそれぞれの強みを生かし、共同開発した新しいタイプの公務員試験対策講座。テキストと映像講義を効果的に組み合わせた効率学習で公務員試験合格をサポートします。
 大栄教育システム

根強い人気でもある公務員試験の合格を目指す講座です。
国家(総合職・一般職)/地方(初級・中級・上級)など。



教師になる